一つ前のページへトップページへ         書籍購入の詳細はこちら

郷土の英雄
武蔵武士(上) 
事跡と地頭の赴任地を訪ねて

著者:成迫政則

著者成迫氏が年月をかけ丹念に調べ上げた武蔵武士の実像と魅力

 鎌倉政権(武士政権)樹立に活躍した武蔵武士は、東北に西国に地頭として赴任する。一方、武蔵の国の本貫地においては資料などが無くなり、どのような人だったのかも判らなくなっている。

 著者は長年の研究、資料集めを通じて、丹念にそのあとを追う。この研究を通じて野辺氏の本貫地も解明されることになった。700年の歴史を隔てて、武蔵武士が再現してくる。今も赴任地では活躍されており、武蔵武士が建立した神社、お寺などを紹介している。
 
 この労作を経て、本貫地と赴任地の交流が活発化されるであろう。


今回紹介される武蔵武士一族

・庄氏 ・久下氏 ・野辺氏 ・岡部氏 ・熊谷氏
・中条氏 ・成田氏 ・安保氏・ 小川氏 ・小代氏

版型:A5版 ページ数:325頁
発行年月日:2002年7月20日 初版発行
定価:(本体1700円+税) ISBN:4-89623-021-3
ジャンル:地域・紀行

ホームページ内関連ページ
◆新聞掲載一覧下巻紹介(続)紹介汗と感動の学校づくり
成迫政則(なるさこ・まさのり)

昭和3年(1928)大分県生まれ、専修大学卒業 小中学校勤務、元 秋川市立御堂中学校校長
現 武蔵村山市文化財保護審議会 会長
編集委員として『村山町史』『写真集秋川の百年』『秋川市ふるさとの道』『東大和市史』『秋川歌舞伎』など

共著『多摩の歴史』『多摩の人物史』『多摩の駅名の由来』『写真集東大和市・武蔵村山市・瑞穂町の昭和史』『心ふくらむお話』『心にのこるみんなの体験』『大分の童話』

著書『君たちが知らない青春 戦中編・戦後編』(2巻)『為すことによって学ぶ』
一つ前のページへトップページへ         書籍購入の詳細はこちら


このホームページに掲載されている全ての画像・文章の無断転載を禁じます。
(c)matsuyamasyobo Co, All right reserved.