一つ前のページへトップページへ         書籍購入の詳細はこちら

GO!GO!埼玉漫遊記

著者:矢島栄二

昭和初期、大正の時代の山村の行事、炭焼き、伐採、子どもたちの遊びを描く

 加須生まれ、浦高卒業の生粋さいたま青年が、漂白の果て、埼玉に戻り着き、腰を据える。そこでみた埼玉の現状は?

 あるときは秩父の龍製祭り、農民ロケットの失敗に肝をつぶし、東松山の歩け歩け大会では足に豆をつくり、時には二日酔いの頭で、この道50年の紙芝居屋にインタビュー。


版型:B6版 ページ数:247頁
発行年月日:1985年10月30日 初版発行
定価:(本体980円+税)
ジャンル:地域・紀行

ホームページ内関連ページ
矢島栄二(やじま・えいじ)

 1951年埼玉県加須市に生まれる。県立浦和高校卒業、8年かかって成城大学を卒業せず。在学中から登山、エジプト、ケニアの一人旅もする。中退後は、冬の北海道、知床半島でバーテンダー、夏の沖縄、那覇でキャバレーの呼び込み、さらに離島宮古島の村に住むなどして日を過ごす。近年は東京、新宿に腰を据え、都内大手の探偵社に1年間、調査員としてつとめる。その経験を基に昭和58年JICC出版局より「探偵日記」を発刊。
 以後はコーヒー店の経営をめざし、修行。浦和市に開店した。


一つ前のページへトップページへ         書籍購入の詳細はこちら


このホームページに掲載されている全ての画像・文章の無断転載を禁じます。
(c)matsuyamasyobo Co, All right reserved.