一つ前のページへトップページへ         書籍注文の詳細はこちら



ふるさと一〇八話
嵐山古里 ふるさとのよもやま話

大塚基氏 著

昭和20年~30年の農村風景と人々の息づかい
戦後に興った産業経済大国への変化の潮流まっただ中にあった昭和20~30年代。
日本人の生活様式・生活環境・生活観も著しく変わってしまった今では、この時代にあったことの多くが忘れられてしまった。
昭和初期生まれの著者がその当時の記憶を思いおこし、遊び、食べ物、農業、信仰、生活、習慣などの108つの“よもやま話”を本書で記す。
郷土文化が注目され、その記録保存が重要視されてきた昨今、この書籍がその一つの方向を示すものとなるだろう。


版型:B5判並製本 ページ数:224頁
発行年月日:2015年5月15日 初版発行
定価:(本体1500円+税) ISBN:9784-89623-093-2
ジャンル:地域・郷土文化


一つ前のページへトップページへ         書籍注文の詳細はこちら


このホームページに掲載されている全ての画像・文章の無断転載を禁じます。
(c)matsuyamasyobo Co, All right reserved.