一つ前のページへトップページへ         書籍注文の詳細はこちら




天文大先生
千葉歳胤のこと

江戸中期に生きた飯能出身の天文学者

著者:山口正義

 一七一三(正徳三)年、埼玉県飯能市虎秀(旧入間郡東吾野村)出身の千葉歳胤。 彼は和算・天文・暦学を学び、30部2百巻近い本を著した。そして独自の計算方法によって日食・月食などの諸研究に尽力し、時の幕府天文方渋川図書光洪をおおいに助けたこの人物についてはいまだ詳らかではない。

 その千葉歳胤の人物像を、本人の著書・関連史料を各機関から集め、それを基点として追っていく。
 この書籍は歳胤研究の端緒として、歴史研究に携わっている多くの方に是非読んでいただきたい。

資料をご提供していただいた主な各機関
・日本学士院 ・東北大学附属図書館
・国立天文台図書室 ・天理大学天理図書館
・東京大学総合図書館 ・国立公文書館
・伊能忠敬記念館 ・東京大学史料編纂所



版型:四六版 ページ数:238頁
発行年月日:2009年3月25日 初版発行
定価:(本体1600円+税) ISBN:978-4-89623-054-3
ジャンル:地域(歴史)

関連リンク
◆千葉歳胤ホーム(著者による千葉歳胤についての考察ページ)
一つ前のページへトップページへ         書籍注文の詳細はこちら


このホームページに掲載されている全ての画像・文章の無断転載を禁じます。
(c)matsuyamasyobo Co, All right reserved.