一つ前のページへトップページへ         書籍注文の詳細はこちら




北武蔵人物散歩

著者:大井 荘次

北武蔵で活躍した人物達。
地域に埋もれていた歴史がここに記される。

全盲でありながら歴史叢書『群書類従』を
         纏め上げた国学者 塙保己一。
幕末期、当時の日本人の技術を
         国際的に発表した風雲児 清水卯三郎。
 蘭学を学び、海外留学を経て、
         近代医学に貢献した医学者 田口和美。
印刷・写真の技術を広め、
       また多くの記録を残した先駆者 小川一真。

 本書は北武蔵出身である彼らの足取りを関連する寺社、記念碑、資料館などを紹介し、読者が実際に史跡散歩ができるよう構成されており、北武蔵の埋もれた歴史を掘り起こしていく。

歴史散歩のお供として A五判二九〇頁 史跡の地図案内・写真など多数


版型:A五版 ページ数:290頁
発行年月日:2008年9月15日 初版発行
定価:(本体1700円+税) ISBN:978-4-89623-042-0
ジャンル:歴史紀行

大井荘次(おおい そうじ)

大正10(1921)年東京で生れ行田市で育つ。
米寿を迎えて尚活発的に地域史学を盛りあげていく。
主な著書に「行田歴史散歩」「郷土の勇士と偉人たち」がある。
一つ前のページへトップページへ         書籍注文の詳細はこちら


このホームページに掲載されている全ての画像・文章の無断転載を禁じます。
(c)matsuyamasyobo Co, All right reserved.