一つ前のページへトップページへ         書籍購入の詳細はこちら

最後の鍵音
続 ガラスの靴下

著者:吉田正男

 山間学校の明るい新米教師の回顧録「ガラスの靴下」の続編
 
 「ガラスの靴下」で描かれた青春教師。そののちの管理職時代、定年後のLD(学習障害)に取り組んでいく姿を書き記す。

版型:B6版 ページ数:347頁
発行年月日:1999年9月8日 初版発行
定価:(本体1500円+税) ISBN4-89623-012-4
ジャンル:文学

吉田正男(よしだ・まさお)

 昭和25年3月m埼玉師範学校卒業、同年4月平小学校着任、その後、平中学校、平小学校、大井小学校、鶴ヶ丘小学校、大井中央公民館、入間教育事務所、関沢小学校、みずほ台小学校、鶴瀬小学校を経て、平成2年3月定年退職。
 退職後、富士見市教育相談研究室の嘱託として、教育相談に当たる。(主たる研究・LDの理解と指導方略)


一つ前のページへトップページへ         書籍購入の詳細はこちら


このホームページに掲載されている全ての画像・文章の無断転載を禁じます。
(c)matsuyamasyobo Co, All right reserved.