一つ前のページへトップページへ         書籍購入の詳細はこちら

滝ノ入こみちの栞
少年の夕方

著者:須藤澄夫 ◆著者HP 少年哲学堂 

今、少年の夕方があなたを包む
 言の葉が深く雪衣にしみとおる

毛呂山の吟遊詩人がかなでるかなしみとなぐさみ、そしてよろこび。

雲井龍雄との架空対談形式で書かれた長編小説『幕末残照』を以前拝誦したとき、確かな筆力に感じ入りましたが、今度の御詩集でも一層自在になった筆致を感じます。
(本書・吉野弘著「須藤さんに」より)

版型:A5版 ページ数:141頁
発行年月日:1991年6月10日 初版発行
定価:(本体1300円+税) ISBN4-944003-45-5
ジャンル:文学 詩集
さし絵・カバー絵:小島喜八郎
須藤澄夫(すどう・すみお)

 1948年生まれ。1973年、『経営問題』(中央公論社)の懸賞論文「現役上役論」に入選。
 著書に時代小説『幕末残照』(新人物往来社)や、絵本エッセイ『水尾はねえ』(高麗川作文教室)。『幕末残照』は、権力に和せず志に殉じた米沢藩士雲井龍雄と、キリシタンだったために大島へ流されながらも果敢に生きた女性おた阿・ジュリアを描いた2編をおさめる。そのほか、『尾瀬はぼくらの自然塾』(あさを社)、『コダワルナ,コダワルということについてもコダワルナということについて』(文芸社)がある。またベンジャミン・フランクリンに関する翻訳もあり、読書や地域文化についての文章も記している。

一つ前のページへトップページへ         書籍購入の詳細はこちら


このホームページに掲載されている全ての画像・文章の無断転載を禁じます。
(c)matsuyamasyobo Co, All right reserved.