一つ前のページへトップページへ         書籍購入の詳細はこちら

ぼくの軍国少年期

著者:赤田喜美男

終戦後50年、語り始める国民学校、勤労動員の日々
 −くらしと遊びと心の軌跡−

 昭和5年生まれ、奉安殿が建てられ、出征兵士が多くなり、少年航空兵と語らい、そして太平洋戦争が始まっていく。


版型:A5版 ページ数:258頁
発行年月日:1994年11月 初版発行
定価:(本体1748円+税) ISBN4-944003-76-5
ジャンル:文学
赤田喜美男(あかた・きみお)

  1930年、埼玉県飯能市に生まれる。石川信夫に師事、「日本歌人」同人。長期療養中、歌誌「むらやま」を編集。宇宙風短歌会創立に参画、会務・編集に従事。

職歴 小学校、図書館、公民館、市役所など
著者 歌集「榛野」(埼玉文芸賞受賞)、歌集「谷の空」
    「ふるさとの写真集 明治大正昭和・飯能」

一つ前のページへトップページへ         書籍購入の詳細はこちら


このホームページに掲載されている全ての画像・文章の無断転載を禁じます。
(c)matsuyamasyobo Co, All right reserved.