一つ前のページへトップページへ         書籍購入の詳細はこちら

詩集 ある帰郷

著者:高橋英夫

社会の底から紡ぎ出す言葉のおもしろさ

信号待ちの車の 魚をカラスが襲う 取られてはならじと
運転手は信号無視 それを警官が追う

カラスも 運転手も 警官も

くらしがかかっている

本書「くらし」より



版型:B6版 ページ数:112頁
発行年月日:1996年5月26日 初版発行
定価:(本体1456円+税) ISBN4-944003-93-5
ジャンル:文学 詩集
カバー写真:南良和
高橋英夫(たかはし・ひでお)

1939年埼玉県小鹿野町に生まれる。14歳の頃から詩を書き始める。
1963年「夢を売る男」刊行。1978年「囚われの盆地」刊行。1985年「眼のない魚」刊行。
一つ前のページへトップページへ         書籍購入の詳細はこちら


このホームページに掲載されている全ての画像・文章の無断転載を禁じます。
(c)matsuyamasyobo Co, All right reserved.