まつやま書房は、武蔵野中部に位置する埼玉県比企地方・東松山市に籍を置く地方出版社です。
 当ホームページでは弊社の書籍紹介や自費出版の案内などをしております。



平素よりまつやま書房をご愛顧いただきましてありがとうございます。
この度の新型コロナウィルス蔓延を防ぐため、弊社も細心の注意をはかってまいります。
今までと変わらず、メール・FAXでのお問い合わせ・注文等承っておりますが、利用している流通業も大変な負担がかかっております。
ご注文いただいた書籍が、お手元に届くのが平時より時間がかかる場合がありますので何卒お許しいただけるようお願いします。


 最新刊案内  編集室から
2022年4月下旬発行 征夷大将軍・源頼朝を支え続けた〝慈愛の母〟『比企の尼』の物語
小説 比企の尼-慈愛-源頼朝と比企の尼
大内一郎 著

征夷大将軍・源頼朝を支え続けた
〝慈愛の母〟『比企の尼』の物語

坂東のほぼ中央に位置する地に『比企の尼』という
女性がいた。「鎌倉幕府誕生の大功労者」と呼ばれながら、
歴史の表舞台に登場しなかった『比企の尼』を
柔らかい筆致描写で人物を露わにする。


版型:A五判並製 頁数:280頁
発行年月日:2022年4月28日 初版発行
定価:1650円(1500円+税)
ISBN:978-4-89623-180-9
  
出版業や市民活動を交えた
弊社代表のぼやきを綴ります
店頭用に作ったPOP、
ジャンル毎の注文書など
一般読者も閲覧可能です
2020/4/28付埼玉新聞
『都幾川の生きものたち』(斉藤裕也・藤田宏之)
が紹介されました。
雑誌「BIRDER」5月号
『日本産鳥類の卵と巣』
著者内田博さんのインタビュー記事掲載。


◆発刊予定

「埼玉のアナⅡ
(仮)
石橋啓一郎 著

 「点描マッカーサー」
 「相続」
 「雪下ろし」
 「人生ぶらぶら散策記」
 「塔」
 東上線各駅短編集
 「お好み焼き」
2022年4月中旬発行 空前の野菜作りブーム!家庭菜園デビューの方から熟練の方にも
プランターで野菜を
前田泰紀 著

わずか60cmの長さのプランターでも
色々な野菜ができます。
長年種苗会社に勤め、多くの農家に実践指導をしてきた
著者による確かな理論とわかりやすさを両立させた
野菜づくりガイド。

版型:B5判 ページ数:本文80頁
発行年月日:2022年4月15日 初版発行
定価:1430円(1300円+税)
ISBN:978-4-89623-178-6
2022年4月中旬発行 自由民権運動「秩父事件」の渦中にいた人物のその後を小説で描く
小説秩父事件 伝蔵
八木静子 著

一八八四(明治一七)年に起きた「秩父事件」
その自由民権運動を題材に、貧困にあえぐ秩父困民たちと
共に戦った主人公井上伝蔵の姿と、
そしてその後の逃亡生活を描いた歴史小説で描く。
逃亡先の北海道


版型:四六判並製 頁数:286頁
発行年月日:2022年4月10日 初版発行
定価:1870円(1700円+税)
ISBN:978-4-89623-169-4
2022年2月中旬 身近な歴史郷土を親しみやすいカルタ風で
札のないカルタ 埼玉歴史読本
久保睦雄 著

首都東京に近すぎるため、観光発信には
遠慮深い埼玉だって他県に負けない魅力が
たくさん詰まってる。
この書籍ではそんな埼玉各地のご当地蘊蓄を
メジャーネタからマイナーネタも全部あわせて
四十六箇所を情緒深く紹介。

ここからさらに蘊蓄を深掘りするかどうかは読者次第‼
新たなご当地発見のための一冊。


版型:A5判並製 頁数:226頁+カラー口絵12頁
発行年月日:2022年2月5日 初版発行
定価:1870円(1700円+税)
ISBN:978-4-89623-155-7
 
2021年11月発行 かつて利根川と川漁が生活の一部であったと語る地域民俗誌
利根川と生活-間々田地区、川魚漁の記憶
福島やすとし(尉稔) 著
狭いようで広い日本。身近なようで、
   知らない暮らしに触れてみませんか

戦後まで頻繁におこなわれていた
利根川流域妻沼地区の川漁の方法や
利根川の魚をイラストや写真で紹介。


版型:A5判並製 頁数:82頁
発行年月日:2021年11月1日 初版発行
定価:1100円(1000円+税)
ISBN:978-4-89623-165-6

イラスト:佐通真由美
2021年8月発行 近代文学の雄、田山花袋が描いた妻沼近郊の物語『残雪』を読み解く
妻沼逍遙『残雪脱却の旅』
増田育雄 著

明治文学界を席巻した文豪田山花袋の後期の名著『残雪』。
埼玉県妻沼の名刹聖天山とその境内の割烹「千代桝」を
舞台にした、文学上の葛藤と一人の女との愛欲の苦悩、
そして、
「脱却願望」の苦闘・心境が描かれる花袋の意欲作を
丹念に分析する。


版型:A5判並製 頁数:288頁
発行年月日:2021年7月30日 初版発行
定価:1800円(1980円+税)
ISBN:978-4-89623-162-5
2021年6月中旬発行 女流作家が描く、戦国武将の波瀾で華麗な生き様
甲斐の猛将 山縣昌景
武田かず子(本名・田村和子) 著

甲斐の名将・武田信玄に忠義を尽くし、
武田二十四将の一人として華々しく設楽が原の戦場で
散った赤備えの将・山県昌景―
そして武田に仕えた一人の女忍び。
二人の生き方は武田家になにをもたらすのか。


版型:四六判並製 頁数:195頁
発行年月日:2021年6月25日 初版発行
定価:1430円(1300円+税)
ISBN:978-4-89623-143-3
2021年5月発行 長年、種苗メーカーに務め、栽培指導を実践してきたプロが伝えるハウツー書籍
菜園づくり 3坪の畑を基本に説明
前田泰紀 著

まずは基本に立ち返り三坪からはじめる野菜栽培。
これから家庭菜園を始める方も本格的な専業農家の方にも、
菜園をより豊かな畑にするノウハウが入ってます。


版型:B5判並製 頁数:212頁
発行年月日:2021年5月10日 初版発行
定価:1650円(1500円+税)
ISBN:978-4-89623-157-1
2021年4月中旬発行予定 埼玉県比企郡郡滑川町の郷土の歴史と文化を読みとく
滑川町歴史点描
高柳 茂 著

滑川町に遺る城跡、寺社、板碑等の史跡群。
輩出された先人たちの偉業と遺した言葉。
地元町民が知りたい郷土の歴史深さを
手軽に読める一冊に…。


版型:A5判並製 頁数:208頁
発行年月日:2021年4月15日 初版発行
定価:1320円(1200円+税)
ISBN:978-4-89623-152-6
2021年4月発行 平成の大合併やリーマンショック、台風災害など激動の30年を経た東松山を綴る
平成の東松山市史
西澤 誠 著

長年、市役所に勤めてきた元公務員が視てきた
平成時代の東松山行政とそれらを担ってきた
市長三人たち―
元公務員である著者がただ一人の市民として、
東松山の平成史と市長三人の政治姿勢をつぶさに綴り、
令和という新しい時代を迎えた
東松山市行政の今後を問う


版型:A5判並製 頁数:226頁
発行年月日:2021年4月15日 初版発行
定価:1430円(1300円+税)
ISBN:978-4-89623-151-9
2021年4月発行 世間が様々な苦難に面してる今こそ読んで欲しくなる老境に達した著者のつれづれ
日々つれづれ
日下部康明

埼玉県寄居町男衾で長年医者として多くの患者と
向き合ってきた著者の鋭い人間観察力によって綴られる
蘊蓄エッセイ待望の続編


版型:四六判並製 頁数:133頁
発行年月日:2021年3月15日 初版発行
定価:1100円(1000円+税)
ISBN:978-4-89623-154-0
2021年3月発行 郷土史、古文書、秩父、鉢形領


 
鉢形領に遺された
戦国史料集第三集 本編・別編
鉢形歴史研究会
中世後期の鉢形領の実態を探る研究会が、
鉢形領に遺された古文書を、
わかりやすくまとめあげた史料集第三弾

戦国後北条氏を中心に支配体制が形成された地域の
古文書を蒐集する。
各所好評の史料集シリーズ、
今回は大里郡を中心とした古文書が集う。

各史料提供者のご協力により門外不出だった文書を
数多く掲載し、地域の歴史深さを忠実に追っていく。
豊富な史料とその釈文を掲載する本編と、
古文書入門としてわかりやすい解説と読み下し文を
掲載した別編の二冊構成。


【本編】
A4判並製本 頁ページ数:
140頁
発行年月日:
2021年3月15日 初版発行
定価:
1650円(1500円+税)
ISBN:
978-4-89623-147-2

【別編】
A4判並製本 頁数:
58頁
発行年月日:
2021年3月15日 初版発行
定価:
1100円(1000円+税)
ISBN:
978-4-89623-148-9
2021年3月 正しく知りたい健康法を整体師と寝具店の二つの顔を持つ著者が教えます
健康に向かって―健康な睡眠と長生きの秘訣
山崎太加幸 著

大正二年創業の老舗寝具店と整体院の両方を
東松山市まるひろ通り商店街で経営している著者。
走る整体師と異名を持ち、世界的に活躍するアスリートも
施術してきた著者は、各地のマラソン大会に
出場するほどの運動好きでもある。
そんなユニーク整体師が伝える
身近なところから始められる健康術とは?


版型:新書判並製 頁数:133頁
発行年月日:2021年3月25日 初版発行
定価:1100円(1000円+税)
ISBN:978-4-89623-150-2
2021年2月 地域で起業していく現在進行形(!)のまちづくり
地域でしごと・まちづくり試論
風間崇志・関根雅泰 著

ときがわ町で新たな活動をおこなう若き風間さんと、
そんな人々の起業支援相談役としてまちおこしの一役を
買っている関根さん。
そんな二人がときがわ町で活躍する人びとを
インタビューし、日本各地の「まちおこし」の今後を問う。


版型:A5判並製 頁数:270頁
発行年月日:2021年2月20日 初版発行
定価:1650円(1500円+税)
ISBN:978-4-89623-153-3
2021年1月発行 長年に渡る岩付城築城者論争に一石を投じる問題作!
玉隠と岩付城築城者の謎
柴田昌彦〔中世太田領研究会〕 著

戦国期武蔵国の重要な拠点の一つ岩付城の築城者に
ついてはいまだに諸説あり、現在も論争が展開中である。
 同時代に鎌倉建長寺の住持を務めた高僧・玉隠が
残した五山文学書籍の一つである漢詩『自耕斎詩軸并序』
を丁寧に読み解くことで、歴史の真相に迫る。


版型:A5判並製 頁数:325頁+口絵4頁
発行年月日:2021年1月10日 初版発行
定価:1980円(1800円+税)
ISBN:978-4-89623-144-1
2020年12月発行 世にも珍しいキュウリ栽培に特化した野菜作り指導本
キュウリ栽培
前田泰紀 著
長年種苗メーカーで全国の農家に栽培指導をしてきた
著者ならではのハウツー本。
ご家庭の食卓に普通に並ぶほど一般的ながら難しい
野菜と言われる繊細なキュウリの収穫量アップの
ノウハウとは?



版型:A4判並製 ページ数:58頁(オールカラー)
発行年月日:2020年12月15日 初版発行
定価:1650円(1500円+税)
ISBN:978-4-89623-149-0
2020年10月発行
大言 小言 じじの寝言
日下部康明 著
不安が蔓延する世の中へ
老境の精神科医が軽快に世情を斬る
長年医者として多くの患者と向き合ってきた著者の
鋭い人間観察力によって綴られる蘊蓄ある言葉の
数々第五弾



版型:四六判並製 頁数:104頁
発行年月日:2020年10月25日 初版発行
定価:1100円(1000円+税)
ISBN:978-4-89623-145-8
2020年9月発行 利根川中流域の長年の鳥類観察
利根川の鳥
中流域(坂東大橋付近)における
1971年~2019年の記録
小茂田英彦 著
利根川中流域坂東大橋付近に生息する野鳥を
つぶさに50年にわたって観察し続けた著者の記録集。
野鳥を掲載した写真編、撮影状況や鳥の特徴を記した
解説編を収録。
長期間の観察日数を鳥類毎に分類した図表編も収録。
他にも河川敷がどのように変化したか言及し、
その変化がどう鳥たちに影響したかも考察する。


版型:A4判並製 頁数:224頁(オールカラー)
発行年月日:2020年9月25日 初版発行
定価:2200円(2000円+税)
ISBN:978-4-89623-141-0
2020年4月発行 経営ノウハウ、埼玉地元企業、商工会活性 
もうかる会社にはワケがある!
※こちらの書籍は、出版社・悠々社より委託書籍として販売しております
松井 孝司
大正11年に呉服商として創業、
埼玉県三郷市を本社に置き、不動産事業及び
建設業を展開、地元に根強く貢献していく
松井産業株式会社のやり手社長松井さんによる
経営ノウハウ指南術。
コンサルタントとは違う現場で実践する、
小規模企業の社長ならではの「小さい企業でも
もうかる会社の仕組み」とは?


版型:四六判 頁数:207頁
発行年月日:2020年4月24日 初版発行
定価:1500円(1364円+税)
ISBN:978-4-89623-137-3

このホームページに掲載されている全ての画像・文章の無断転載を禁じます。
(c)matsuyamasyobo Co, All right reserved